本文へスキップ

TEL. 03-3446-5501

〒106-0047 東京都港区南麻布5-1-20

特別養護老人ホームNURSING HOME

 家庭的な雰囲気の中
 健康で穏やかな生活をお手伝いします

  
 日常生活の中で常時介護を必要とし、かつ居宅で介護を受けることが困難な方が入居し、生活して頂く施設です。
  

特別養護老人ホーム麻布慶福苑の特色
※現在は感染対策を講じ規模を縮小して開催しております

クラブ行事が充実
書道、散歩、歌謡クラブや、ホーム喫茶、誕生会○○○○○○○○イメージそして毎月の季節の行事。盛大な夏祭り、敬老会、忘年会など各種行事を行っております。
セラピーの導入
音楽療法やアニマルセラピーを導入しております
駅から近い
日比谷線広尾駅4番出口から徒歩1分という、都内でも稀な駅の近さです。
子ども達との交流
お隣に併設された乳児院の子ども達と、苑内や行事等で親交を深めてい○○○○○○○○イメージます。
97%
介護福祉士の資格取得率が97%を超えており、専門的なケアを提供します。   (令和4年5月1日現在)
職員心得
利用者の皆様が笑顔で安心した生活を送れるよう、職員一同笑顔を大切にしております。

入所申込み方法

  港区内の特別養護老人ホームの入所については、要介護度・介護者の状況等を考慮した入所基準に基づき、入所の必要性が高い申込者から優先的に入所していただいております。

    
  ご案内 入所申込みに関する港区のホームページはこちら

入所申込みできる方
港区民で申込時に要介護度3から5と認定された方で常時介護が必要な方です。                                ※ただし、要介護1または2の方については、やむを得ない事情により、特別養護老人ホーム以外での生活が著しく困難であると認められる場合に限り、特例的に入所対象者とします。
申込書の配布、申込方法

入所申込書の配布及び提出先は、港区内の高齢者相談センター(地域包括支援センター)、特別養護老人ホーム、港区役所2階高齢者支援課です。提出にあたっては、本人又は代理人が介護保険証と印鑑を持参し入所申込書を提出してください。
なお、入所順位名簿の有効期限は、10月〜3月、4月〜9月の6か月間となります。引き続き入所を希望する方は、6か月毎の申込締切日7月31日、1月31日までに申込んでください

入所順位名簿の作成

港区特別養護老人ホーム入所申込書兼調査表を提出された方に、書類審査したのち実態調査を行い、港区特別養護老人ホーム入所基準に従い点数化します。
この結果、入所の必要性が高い入所申込者から順に並べた入所順位名簿を作成します。したがって、受付先着順ではありません。入所順位名簿により、区内の特別養護老人ホームから入所のご案内をします。

※実態調査では高齢者相談センター(地域包括支援センター)職員が調査を行います。
ご自宅以外で介護や治療を受けている場合、施設や病院へご本人の状況調査を行う場合もあります。

入所が難しい場合
入所順位名簿に登録された場合でも、医療が必要な方(経管栄養、IVH等)、著しく行動障害がある方(他の方への暴力行為等)は入所が難しい場合があります。
結果の通知
入所判定の結果は、郵便で港区から申込者全員にお知らせします
問い合わせ
港区 保健福祉部 高齢者支援科 施設運営係             3578−2111 (内線2420・2421)

利用料金

    
基本料金@          

(令和3年8月1日改定)   介護給付9割給付(割負担)の場合
 区分  要介護度1   要介護度2  要介護度3   要介護度4   要介護度
   利用料金
  (自己負担額)(A)
 7,719
(772)
 8,541
(855)
9,400
(940) 
 10,223
(1,023)
 11,034
(1,104)
    
   ※1)上記料金には、日常生活継続支援加算、機能訓練加算、精神科医療養指導加算、
     看護体制加算T・U、処遇改善加算T(基本単位数に
8.3%上乗せする単位数)
     特定処遇改善加算T(基本単位数に
2.7%上乗せする単位数)が含まれています。

  2)その他以下の対象となる方には別途単位数が加算されます。(1単位10.9円)
     @初期加算30単位    A療養食加算1食に付き6単位1日3回まで
     B看取り介護加算T 721280単位 C経口維持加算T・U 月額一律500単位

  3)@〜Cは処遇改善加算、特定処遇改善加算の対象です。

多床室
居住費
(B1)
 
 第1段階     0
第2段階  370
 第3段階
 第4段階    855
個室
居住費
(B2)
 第1段階     320
 第2段階     420
 第3段階     820
 第4段階     1,171
食 費
(C)
 第1段階     300
 第2段階     390
 第3段階@    650
 第3段階A   1,360
 第4段階     1,445
多床室
自己負担額合計 (A)+(B1)
+(C)
 第1段階  1,072 1,155 1,240 1,323 1,404
 第2段階  1,532 1,615 1,700 1,783 1,864
 第3段階@  1,792 1,875 1,960 2,043 2,124
 第3段階A 2,502 2,585  2,670 2,753  2,834
 第4段階  3,072 3,155
3,240 3,323 3,404
個室
自己負担額合計 (A)+(B2)
+(C)
 第1段階  1,392 1,475 1,560 1,643 1,724
 第2段階  1,582 1,665 1,750 1,833 1,914
 第3段階@  2,242 2,325 2,410 2,493 2,574
 第3段階A 2,592 3,035  3,120 3,203  3,2854
 第4段階  3,388 3,471 3,556 3,639 3,720
(1日あたり費用・単位:円)
[食費の内訳] 朝食380円  昼食583円(おやつ含む)  夕食482円

入院、若しくは自宅等に外泊した期間については、介護保険法の規定により入院外泊時費用として1日3,008円(自己負担301円)と負担段階別の居住費が月6日まで、但し月をまたぐ場合は連続最長12日間発生します。

入院外泊費用算定期間経過後も、外泊が継続する場合は居住費のみ(1日につき多床室855円、個室1,171円)発生します。
支払い例
 
  要介護度4(第4段階) 多床室ご利用の場合(介護保険1割負担、食費、居住費含む)  

  ひと月30日の場合  98,130円 (医療費、施設立て替え金は除く)



基本料金A         

                                  
 (令和3年8月1日改定)  介護給付8割給付(割負担)の場合
 区分  要介護度
  要介護度
 要介護度
  要介護度
  要介護度
多床室
利用料金
(自己負担額)(A)
 7,719
(1,545)
 8,541
(1,709)
9,400
(1,880)
 10,223
(2,045)
 11,034
(2,207)

   ※1)上記料金には、日常生活継続支援加算、機能訓練加算、精神科医療養指導     加算、看護体制加算T・U、処遇改善加算T(基本単位数に8.3%上乗せする単位数)特定処遇改善加算T(基本単位数に2.7%上乗せする単位数)が含まれています。

  2)その他以下の対象となる方には別途単位数が加算されます。(1単位10.9円)
     @初期加算30単位    A療養食加算1食に付き6単位1日3回まで
      B看取り介護加算T721280単位 C経口維持加算T・U月額一律500単位

  3)@〜Cは処遇改善加算、特定処遇改善加算の対象です。

多床室居住費 (B1)  855
個室居住費  (B2) 1,171
食 費(C)  1,445
【朝食380円  昼食583円(おやつ含む)  夕食482円
多床室
自己負担額合計 (A)+(B1)
+(C)
3,844 4,009 4,180 4,435 4,507
個室
自己負担額合計 (A)+(B2)
+(C)
4,160 4,325 4,496 4,661 4,823
 (1日あたり費用・単位:円)
食費の内訳] 朝食363円  昼食565円(おやつ含む)  夕食464円

入院、若しくは自宅等に外泊した期間については、介護保険法の規定により入院外泊時費用として1日3,008円(自己負担602円)と負担段階別の居住費が月6日まで、但し月をまたぐ場合は連続最長12日間発生します。

入院外泊費用算定期間経過後も、外泊が継続する場合は居住費のみ(1日につき多床室855円、個室1,171円)発生します。



お支払い例
 
  要介護度4 多床室ご利用の場合(介護保険2割負担、食費、居住費含む)  

  ひと月30日の場合  130,410円 (医療費、施設立て替え金は除く)


 
◆3割負担の料金形態につきましては、別途お問い合わせください



※以下のサービスは利用料金の実費もしくは自己負担になります

    @理美容(カット、マッサージ、ネイルケア、その他)
    A年金等の行政手続きにかかる費用
    B日常生活用品代(オムツは除く)
    Cテレビ使用料及び電化製品(CATV使用料及び電気代)
    D行事及びクラブ活動(材料代等の実費)
    E医療費及び口腔ケア(高齢者医療制度等に定められた定率負担)

     F退苑時遺品整理(電気製品・粗大ゴミ等)






年間行事(例:令和3年度)※現在は感染対策を講じ規模を縮小して開催しております


 月  行事
 4月  お花見
 5月 端午の節句  菖蒲湯  お買い物イベント
 6月 バイキング  剣道実演見学 
 7月 お盆(迎え火、送り火)  土用の丑  七夕
 8月 麻布慶福祭 花火大会 
 9月  敬老会  お月見  麻布消防団訪問  
 10月  バイキング お買い物イベント
 11月  文化祭  お買い物イベント 紅葉バスハイク、鮨ボランティア
 12月  忘年会  餅つき  音楽の贈り物コンサート ご家族懇談会
 1月  お正月おせち 初詣 ヴァイオリン演奏 
 2月  節分  
 3月  ひな祭り お買い物イベント


  誕生会は毎月、ホーム喫茶は月2回、アニマルセラピーは2ヶ月に1回、音楽療法は週1〜2回行っております。

○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ











                      



 
クラブ活動 ※現在は感染対策を講じ規模を縮小して開催しております

歌謡クラブ
・毎月 第2火曜日 ・第3火曜日はリズム体操
 (活動内容)
東京リズムグループ協会のボランティア協力を得て季節の歌や利用者のリクエストによる歌を歌う。また手足を動かすことにより、ADLの維持を図っております。
                           ○○○○○○○○イメージ
散歩クラブ
・毎週土曜日
 (活動内容)
月1回の、みなと保育園との交流活動及び、外出する事により利用者の精神の活性化を図るとともに季節を味わって頂いています。
                                    
習字クラブ
・毎週月曜日
 (活動内容)
季節の行事も、主要なテーマとなっている。また、11月には文化祭に作品○○○○○○○○イメージを展示すると共に、1月には書初めの作品を展示をしています。
                               
絵画クラブ
・毎月 第1日曜日
 (活動内容)
屋内でのデッサン、野外でのスケッチを行うと共に、文化祭展示作品を9〜10月に作成、年末にかけてクリスマスカード及び年賀状の作成を行っております。
                       
音楽療法
・毎月 毎週水曜日および第3火曜日
 (活動内容)
音楽を使って心身の障害の回復や、身体機能の維持改善、生活の質の向上を目的とするものです。
                                            
アニマルセラピー
・偶数月の第2木曜日○○○○○○○○イメージ
 (活動内容)
社団法人日本動物福祉協会に協力を得て、動物たちと触れ合うことにより、情緒的な安定、生活の質の向上を主な目的とするものです。
         
足湯クラブ
・毎週水曜日
 (活動内容)
日本秘湯の粉末を足湯専用の容器に入れ、名湯のにおいや色・雰囲気で身も心もリフレッシュ。
                            
体操クラブ
・毎月 第1、第3月曜日
 (活動内容)
身体を動かすことにより気分転換を図ります。
                            
ホーム喫茶
・毎月 第2、第4日曜日
 (活動内容)
喫茶で家族や他の利用者等との交流を深めたり、お喋りなどを楽しみながら、ゆっくりとした自由なひと時を過ごして頂いております。
 ○○○○○○○○イメージ
料理クラブ
・毎月 第4金曜日
 (活動内容)
ホットプレートを活用した季節に合わせた創作料理を楽しく作って、美味しく召し上がって頂いております。
                                                    
陶芸クラブ
・毎週金曜日
 (活動内容)
粘土を用いて形を作り、これを高温の窯で実際に焼き、皆さんで様々な作品を作り上げています
。                                                                                        

令和3年度の苦情・要望、指導記録 3件

 

R3.5.18

2階利用者W様より(W様は排尿障害があり、膀胱瘻(ぼうこうろう)の医療処置を受けている)

N看護士とO看護士が医療処置のためW様居室に訪問する。

N看護士が膀胱瘻を保護しているガーゼを剥がす処置を行ったが、上手く剥がすことができずにいたところW様から「早くしろよ。もたもたしてんじゃねー。俺は実験台じゃない。」と怒りをかってしまう。その後も適切な処置ができず対応をO看護師と交代する。

その後、W様から施設長にN看護師には処置をさせないで欲しいと苦情がある。

 

対応 N看護士は入職間もないため基本的な処置の仕方等を改めて教育する。当面W様の対応は行なわせないこととする。

 

R3.9.24

3階利用者T様より

 923日夕食時TM様にご長男から電話があり食堂で通話される。その後、就寝介助を受ける際介助者のTH職員から「忙しい時間帯に電話をかけてきて…。どうせお金の話なんでしょう?いつまでも甘やかしていても繰り返すだけでしょう。」と他の方に聞こえる声量で言われてしまい嫌な思いをした。TH職員は同室者が頻回にナースコールを押すことに対しても高圧的に「何回もコールしないで欲しい。体は一つしかないんだ。」その後の対応も乱暴に感じられた。以上の話を介護副主任に話される。

 上記内容の報告受け相談員がTM様から話を伺う。

TM様 「長男のことをTH職員から今まで何回も言われた。私は嫌われているのかしら。その他の介助も乱暴で怖い。担当職員なので話をするけどこのままでは委縮してしまいどうしたらよいかわからない。」とのこと。

 

対応 TH職員に事実確認。上記やり取りに近い会話がありました。自分としては助言のつもりでしたとのこと。

ご家族のことに対して職員が助言するべきではない事、介助方法等絶えず見られていると意識し不快をいだかせるような介助を行わないよう指導する。

指導内容をTM様にお伝えし併せてTH職員から関係修復の努力をさせるので見守って欲しいとお伝えする。

 

R312.12

医務主任より 2階利用者KH様がA相談員の対応が悪く納得できないためご家族に電話し

話したところ、長女様が介護記録を確認するため来訪すると言っているとのこと。

苦情受付担当Ko相談員がKH様と面談

 居室にて経管栄養の注入を受けていたところA相談員が入ってきて「いい加減にしてください。実習生にお菓子をあげないでください。」と頭ごなしに怒られた。何を言われているのか見当つかず、「食事中(栄養滴下)だから帰って」と言ったが話し続けるため言い合いとなった。あんな態度で上からものをいう人の話を聞けるわけがない。

対応 1215日ご長女様来訪

KH様、ご長女様、A相談員及び苦情受付担当のKo相談員で話し合いを行う。

H様の思いとA相談員の対応にすれ違いが生じていたことをお互いに理解しA相談員がKH様に謝罪を行う。今後A相談員の対応を見守り関係を修復していただけるようお願いする。
                                                             以上





バナースペース

特別養護老人ホーム麻布慶福苑

〒106-0047 
東京都港区南麻布5-1-20

TEL 03-3446-5501
FAX 03-3443-8466